読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもTatsuyang’s home

音楽、映画、漫画、アニメ、ゲーム、怪談など色々

季節外れの怪談2(´゚◞౪◟゚`)

昨日の続きΣ( ・Д・ )wまだ続くのかよwww

で、その夜寝る時間まで自由時間だったので

みんなの部屋を行ったり来たりしながら

喋っていたのだが、そのとき…

 

 

 

女子サイドの部屋は方から悲鳴が聞こえたので

行ってみると(今部屋の中から男の人の笑い声が聞こえた)らしい( ´,_ゝ`)

 

その笑い声というのがフフフフッという

低い男の声だったらしい(´౪`)うひゃひゃ

 

しかもそこはさっきマニア君がこの部屋ヤバイ

と言ったところで自分もお札を発見してしまった部屋だったのです(›´ω`‹ ) ゲッソリ

 

そして何故か俺に(お化けを祓って!)と

言い出したので

 

何故俺?!と聞くと

(マニア君と仲いいでしょう?)との事w

 

どうやら奴と仲が良いだけで霊能者か

お化けを祓えると思っているらしいw

 

スポンサーリンク

 

 

あいつとはただずっとクラスが同じで

俺にくっ付いてくるから遊んでいただけで

親友でも何でもないんだけど…www

 

(えぇー…っと…)

 

(無理…!w)

 

( ´,_ゝ`)プッwww

 

(だって俺、霊能者でも何でもないしw)

と、言ったところまたまた泣き出しまして

先生がまた登場!!(°∀°)ドン!!

 

(次はお前か?!何をしたんだ?!)と言うので、

 

(いや俺は何もしてない!悲鳴が聞こえたから

こっちに来てみたら、こいつらが

自分らの部屋で声が聞こえたから

お化けを祓ってくれと言うので

俺は霊能者では無いので無理って言っただけだ!

そしたら泣き出した)と言ったら

 

(分かった!先生達がこの部屋代わるから

女子達は先生の部屋を使いなさい)

と言う事でその場は収まった(´゚◞౪◟゚`)

 

とばっちりもいいもんだぜ…( ゚Д゚)y─┛~~

 

その後、特に何事もなく最終日の朝を

迎えました(´゚◞౪◟゚`)

 

自分の学校は4クラスあって

バス4台にクラス別に乗り込んで帰るんですが

自分は乗り込む順番が1番最後だったので

みんなが乗り込むのを待っていました(°∀°)

 

で、自分の順番が来たので1番最後に乗り込んで

1番奥の幅が広い席の窓際に座ったところ…

自分の後から乗り込んで来た男の子が居て

 

(あれ?こいつウチの学校のやつじゃ無いな)

と、思ったのですが

(あぁ、他の学校のバスに乗り遅れて先生が乗せてやったんだな)と思いました(´゚◞౪◟゚`)

 

そいつの背格好が今でも覚えてますが

白い半袖のシャツにベージュの半ズボン

髪型が今で言うところのマッシュルームカット

昔でいうならおかっぱですかね(°∀°)

 

で、そいつが1番奥の席の真ん中

右窓側が自分、真ん中がそいつ、左窓側が同級生

という形になりまして、特に話す事もないし

昔は人見知りが半端なかったのでw

 

まぁいいか、と窓の外を見ながら出発を

待って居たらいつの間にか寝てました( ˘ω˘ )

 

気がつくと学校に着いてまして

最後の人から降りる事になってたので

さて降りようと思ったらそいつが先に

行ったので、まぁいいかと思いその後に

続き降りました(´゚◞౪◟゚`)

 

で、各クラスの人数確認の点呼があり

全員居たらその場で現地解散で家路へ(°∀°)

 

あ、そうだ!あいつはどうしたんだ?と

ふと思い出して先生に

(俺の隣にいた他の学校のやつはもう帰ったの?)と聞いたところ

(何寝ぼけてるんだ?他の学校の生徒なんて

乗せられるはず無いだろ?もし乗せてたら点呼の時居ないことが分かって大事になるだろ?)

と言われまして(°0°)‼そうか!ウッカリ!w

 

でも居たよなぁと思い反対側の窓際に座って居た

同級生に聞いたら

(いや行きも帰りも僕らの席の真ん中は空いて居たじゃないか?)との事…(›´ω`‹ ) 

 

そうなんです…

 

スポンサーリンク

 

 

自分が見たその男の子は

恐らくお化けだったんでしょうね…(;゚;Д;゚;.:)

 

その時は不思議と怖い感じはしなかったですけど

今思うと怖いなぁ〜怖いなぁ〜(稲川さん風w)

 

 スポンサーリンク

林間学校

林間学校

皆さんは不思議な事とか

恐怖体験はありますか?(´゚◞౪◟゚`)

それではまた(›´ω`‹ ) 

スポンサーリンク

決定盤 稲川淳二の怖~い話 ベスト

決定盤 稲川淳二の怖~い話 ベスト