読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でもTatsuyang’s home

音楽、映画、漫画、アニメ、怪談など色々

季節外れの怪談3(òロó)

怪談

中学を卒業して半年くらいプラプラ

してたんですがw

 

片親なので家にも金を入れてやらないと、と思い

その後すぐ仕事が決まり忙しい毎日を

送っていました(òロó)

(働きたくなかったですけどwww)

 

それから1年半くらい忙しくて

中学時代の友人とは会えずじまいでいました

 

奴らは高校行ってるし、自分は働いてるしで

時間帯もやってる事も合わないので

まぁだんだん会わなくなりますよねw(´゚◞౪◟゚`)

基本1人が好きなので別に良かったんですけどw

 

昔の仲間はまだ鼻水垂らしながらバカな事して
高校生活を送っている時

 

自分は汗水垂らしながら働き

音楽を本格的にやり始め

スタジオ行ったり、ライブやったり、

色々忙しかったから周りはどうでもよかったw

 

そんなある時、小学校、中学校が一緒の

友達から電話が来ました(òロó)

 

仕事から帰って来てクソ疲れてたので

母親から受話器を変わってすぐ

(疲れてるから遊ばねぇぞ)と言ったら

 

(いや、◯◯先生覚えてる?)って言うから

(忘れるわけねぇじゃん?あいつには

かなり世話になったからなぁ)と言ったら…

 

(◯◯先生死んじゃった…)

 

って…

 

(おい!)

 

(勝手に死んでんじゃねぇ!

まともに働き出したら酒でも奢ってやるって

言ったじゃねぇか?!)

 

ってそいつに言ってもしょうがないのに

言ってまして…(›´ω`‹ )

 

そしたらそいつが(あぁ…あん時言ってたね

おまけにそれ聞いて◯◯先生泣いてたもんな…)

 

そんな事もあったな…(›´ω`‹ ) 

 

(で、葬式はいつやるんだ?

その連絡だろ?仕事はなんとかするから)と

言ったら

(明日の夜19時に◯◯駅からバスで30〜40分位の

◯◯霊園らしいから駅で待ち合わせしよう)

と言うので

次の日仕事して早めに上がらせてもらい

駅に向かいました(´゚◞౪◟゚`)

 

すると、昔の仲間や同級生が居て

周りでガヤガヤしながら

(久しぶり〜!元気にしてるかよ?この後

遊び行こうぜ!!)と

場違いな事を言っていやがるので

 

(同窓会じゃねぇぞ馬鹿野郎)

 

と言い、電話くれた奴と2人でタクシーで霊園に

向かいました(働いていたので金はありましたw)

(その後周りの連中とは会ってませんwww)

 

自分はピアスを3つ開けているのですが

葬式だし、まだ働き出して1年半年くらいだけど

まともになった姿を見せに行くかと思い

タクシーの車内でプラスチックの蓋つきの

ケースにピアスを外し入れました(òロó)

 

自分らはタクシーなので周りの馬鹿どもより

早く着いたのでタクシー運転手に

(帰りまた乗るので待っていて下さい)と言い

御香典、御焼香を済ませ

またタクシーに乗って駅に向かいました

 

すると、全然眠くないのにタクシーの中で

急に意識を失い?寝落ち?して

夢?のなかで◯◯先生が出て来ました(òロó)

 

◯◯先生

(今日は来てくれてありがとう

お前も働き出してよかったよ

とりあえずどうしようもなかったお前だけが

心配だったんだ)と…

 

自分

(て、言うか酒奢る前に死んでんじゃねぇよ

母親しかいないからそりゃ働くわボケ

家にも金入れないといけないしな)と…

 

◯◯先生

(でも、まだ心配だな…あ、そうだ!

お前が本当にこのまま辞めずに

まともに働き続けるのを見届けるまで

お前のピアス2つ預かっとく

しょうがないから1つは残しとくからよ)と…

 

そんな時、一緒に行ってた友達から

(駅ついたよ)と叩かれ

ハッ!Σ( ・Д・ )と目が覚めました

 

タクシー降りて改札に向かう途中で

ピアスを付けようとプラスチックケースを

取り出したら…

 

中には1つしかピアスが

入ってませんでした…

 

ハンドクリームとかの入れ物みたいに

捻って開閉するタイプなので

自分で開けない限り開かないし

友達もタクシー内でピアスを外し

ちゃんと3つプラスチックケースに入れたのを

見てたのでさっきの事を話しました

 

(よほど心配してたんだね、

でもちゃんと働き続けてればそのうち

返しに来てくれるよ)と言われ

 

(そうだなぁ…まぁ見てろよ!

音楽で成功してやるからな)とwww

(いやいやそっちじゃなくて働き続けろってww)

 

未だに返してくれないと言うことは

まだ認めてくれてないのでしょうねwww

 

そんな事がありました

な〜んか怖いような切ないような話ですねぇ〜

(稲川さん風w)

 

信じるか信じないかはあなた次第です!